加賀東芝エレクトロニクス
株式会社
当社で製造するディスクリート半導体は、スマートフォンやパソコンなどのモバイル機器や、自動車や鉄道、インフラ設備などの大型製品にも搭載されています。一般的に半導体といえば、演算機能を担うメモリーやCPUを想像されるかもしれませんが、当社が製造するディスクリート半導体は電気を制御することを目的とした半導体であり、主な機能は、電圧を上げ下げしたり、電気の流れをコントロールしたり、電気を直流から交流に変換あるいはその逆を行う、といったものです。当社の主力製品は、ディスクリート半導体の中でもパワー半導体と呼ばれるものですが、メモリーやCPUが人間の頭脳に例えられるの対して、パワー半導体は心臓や筋肉に例えられます。
ところで、パワー半導体は、電力を効率よく使うためのデバイスであることから、環境問題を考えるうえで非常に重要な存在です。今やあらゆる製品が電気を使うため、いかに二酸化炭素を排出しないで発電するかが重要となりますが、一方で、いかに電気を効率良く使うかも同じくらい重要な課題です。電気損失が小さく高性能なパワー半導体を製造することで、脱炭素社会の実現に貢献します。

独自性

半導体製品の製造のみを行う「ファウンドリー」や、設計・開発のみを行う「ファブレス」が増えている中、当社は敷地内にディスクリート半導体の設計・開発を行うグループ会社と連携して、設計・開発から製造(前工程・後工程)までの全ての工程を当社工場内で完結することができます。

製品について

当社の主力製品であるパワー半導体は、電気自動車を中心とした製品での需要拡大が見込まれており、あらゆるものが電動化する社会にとって欠かせない製品であると同時に、脱炭素社会の実現に貢献できる製品です。パワー半導体の性能を向上することで、電気損失が少なくなり、より少ない電力で製品を稼働することができるため、脱炭素・省エネ社会実現に向けたキーデバイスとなりうる製品です。

地域性

半導体製造に欠かせない工業用水は手取川水源の地下水を使用しています。

SDGs7(エネルギーをみんなにそしてクリーンに)

高性能なパワー半導体を生産することで、限りある電気を有効活用できる社会を実現します。
(低ON抵抗と高速スイッチング、少ない電力で高電力を駆動し機器の省エネ化に貢献)

SDGs13(気候変動に具体的な対策を)

・エネルギー効率の高いプロセス・設備を導入し、地球温暖化を防止します。
・廃棄物総発生量を削減すると共に廃棄物を再資源化し、資源を有効活用します。
・大量の水を消費する半導体工場において使う前よりもきれいにして排水し、水資源を保全します。

経営理念・グループビジョン

<経営理念>
人と、地球の、明日のために。
<グループビジョン> 
世界を変える原動力となるのは、いつも私たちの半導体・ストレージであり続けたい。

CAMPANY DATA

〒923-1293
石川県能美市岩内町1番地1

創立・設立

1984/12/6

資本金

33億円

代表者名

德永 英生

受賞歴

ワークライフバランス企業(石川県)

加賀東芝エレクトロニクス
株式会社
当社で製造するディスクリート半導体は、スマートフォンやパソコンなどのモバイル機器や、自動車や鉄道、インフラ設備などの大型製品にも搭載されています。一般的に半導体といえば、演算機能を担うメモリーやCPUを想像されるかもしれませんが、当社が製造するディスクリート半導体は電気を制御することを目的とした半導体であり、主な機能は、電圧を上げ下げしたり、電気の流れをコントロールしたり、電気を直流から交流に変換あるいはその逆を行う、といったものです。当社の主力製品は、ディスクリート半導体の中でもパワー半導体と呼ばれるものですが、メモリーやCPUが人間の頭脳に例えられるの対して、パワー半導体は心臓や筋肉に例えられます。
ところで、パワー半導体は、電力を効率よく使うためのデバイスであることから、環境問題を考えるうえで非常に重要な存在です。今やあらゆる製品が電気を使うため、いかに二酸化炭素を排出しないで発電するかが重要となりますが、一方で、いかに電気を効率良く使うかも同じくらい重要な課題です。電気損失が小さく高性能なパワー半導体を製造することで、脱炭素社会の実現に貢献します。

独自性

半導体製品の製造のみを行う「ファウンドリー」や、設計・開発のみを行う「ファブレス」が増えている中、当社は敷地内にディスクリート半導体の設計・開発を行うグループ会社と連携して、設計・開発から製造(前工程・後工程)までの全ての工程を当社工場内で完結することができます。

製品について

当社の主力製品であるパワー半導体は、電気自動車を中心とした製品での需要拡大が見込まれており、あらゆるものが電動化する社会にとって欠かせない製品であると同時に、脱炭素社会の実現に貢献できる製品です。パワー半導体の性能を向上することで、電気損失が少なくなり、より少ない電力で製品を稼働することができるため、脱炭素・省エネ社会実現に向けたキーデバイスとなりうる製品です。

地域性

半導体製造に欠かせない工業用水は手取川水源の地下水を使用しています。

SDGs7(エネルギーをみんなにそしてクリーンに)

高性能なパワー半導体を生産することで、限りある電気を有効活用できる社会を実現します。
(低ON抵抗と高速スイッチング、少ない電力で高電力を駆動し機器の省エネ化に貢献)

SDGs13(気候変動に具体的な対策を)

・エネルギー効率の高いプロセス・設備を導入し、地球温暖化を防止します。
・廃棄物総発生量を削減すると共に廃棄物を再資源化し、資源を有効活用します。
・大量の水を消費する半導体工場において使う前よりもきれいにして排水し、水資源を保全します。

経営理念・グループビジョン

<経営理念>
人と、地球の、明日のために。
<グループビジョン> 
世界を変える原動力となるのは、いつも私たちの半導体・ストレージであり続けたい。

CAMPANY DATA

〒923-1293
石川県能美市岩内町1番地1

創立・設立

1984/12/6

資本金

33億円

代表者名

德永 英生

受賞歴

ワークライフバランス企業(石川県)